Img_6a6e6ee4802a04f819bff80c1c999ffb
2018年ブルーベリー初収穫の日
 6月6日から、芒種(ぼうしゅ)に入っています。穀物の種をまく季節となりました。日本では梅雨の時期と重なります。この種まきが、私たちの体をつくる糧(かて)となるのですが、この糧をもたらすのは自然です。そして自然を創造されたのは神さまですから、私たちに恵みを与えてくださるのも、私たちを生かしてくださるのも、その源は神さまです。神さまに感謝いたします。

 先日、家族でブルーベリー園に行ってきました。今年の初収穫でした。たわわに実るとまではいきませんが、今年も収穫の喜びを味わうことができました。ブルーベリーはこの梅雨入りの時期から、早生(わせ)、中生(なかて)、晩生(おくて)と順番に実が熟していき、9月中旬ごろまで続きます。収穫したブルーベリーを一粒、我が子にやると、気に入ったのでしょう、何個も食べていました。

 景色を見ると、夏の高く青い空、青い空を映した青い海、光り輝く青い星、青い星に咲いた青い花が心にとまりました。そして私たちにとっては、なんと言っても神さまからいただいた青い実ブルーベリーです。青はとても不思議な色で、私の好きな色でもあります。

 この地球とは別にもう一つの世界があるといいます。「ブルーヘブン」とも呼ばれる青い国です。『聖書』66巻のうちの最終巻「黙示録」(もくしろく)にその描写があります。神さまの国も青色(あおいろ)に輝いているようです。青は、神さまの国の色です。どうやら私たちは、神さまの国をこの地上で少し先取りしているようです。そのことを思うと、私はとても幸せです。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする