Img_a7b23b6524498eb9b9275b877936f9de
庭の香草バジル
 7月7日から、小暑(しょうしょ)に入っています。集中豪雨のあと、照り付ける強い日差しに本格的な夏の訪れを感じます。庭に植えているバジルやペパーミント、アップルミントの香草が、清涼感をもたらし、いやしてくれます。

 10年ほど前、南米の暑い国に住んでいた私は、香草などの薬草を入れて回し飲みをする、清涼感のある現地のお茶を飲んでいました。香草のにおいをかぐと、その時のことを思い出します。その国で私が見聞きしたことや触れたものは、ある愛でした。その愛は、神さまの愛です。イエスという実在した一人の人間を通して、永遠の神さまから私たちに注がれる愛です。その国に住んでいた時には分からなかったのですが、帰国した今ははっきりとそのことが分かります。その国ではどこへ行っても、人々が私に愛を示してくれました。小さな子どもたちからも愛を感じました。愛は、見ることも聞くことも触れることもできる具体的なものでした。その国の人々が、愛の人イエスさまに似た人たちだったからです。

私の生涯で、それは貴重な体験でした。その国の人々の愛に触れたことも、その時『聖書』を全部読み通して御言葉(みことば)に触れたことも、すべてのことが偶然ではなかったと信じています。今では私も、イエスさまに似た者となることができるようにと祈りつつ、一人でも多くの人に神さまの愛を伝えたいと日々を過ごしています。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする