Img_f8db5e0fe5ee1a311d00ca1583c48956
長崎市 水辺の森公園
先々週から農園主任を通勤するバス停まで車で送ったあと、長崎港の近くの水辺の森公園を時々散歩しています。散歩した後に私も仕事に向かうのですが、海風を受けながら朝のすがすがしい空気を味わう喜びを感じています。
しかし、実はこの散歩、特定健診で数値が標準より高かった中性脂肪を減らすためでもあります。特定健診の結果を受けて病院にいったものの、中性脂肪を減らす薬を飲むか、軽い運動を生活に取り入れるか、どうしますか。と問われ、薬にどんな副作用が出るのか不安だったので、薬は断り、軽い運動をとることにしました。
自宅で、その薬について調べると、倦怠感、吐き気などの副作用と、ひどいときは筋肉の痛み、筋肉障害と書いてありました。もし、この筋肉障害になったら、おそらくそのための薬を飲まないといけなくなるでしょう。そうやって、薬を飲み続けなければならない生活にはまっていきたくないと思い、中生脂肪を減らす方法を検索してみました。すると、ある中年の男性が中性脂肪の数値が300以上あったのが、毎日昼食にさんま定食を食べていたら、数カ月から半年後に数値が80まで下がっていたとありました。他にもサバや青魚を多く食べた人が同じような結果が出たことが書いてありました。これだ!と思いたち、最近は週に3~4回は夕食に青魚を食べています。それに加えて朝の散歩で、どうにかしてみようと試みています。三日坊主なので、いつまで続くかわかりませんが、薬漬けと病院通いをさけるために頑張ります!

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする