Img_fcd6b7cf7c243aa5d9b1c72a540ec963
折られたブルーベリーの木
庭の木にたくさんの蝉がとまり大合唱をしています。
以前は、この声を聞くと「夏だ!海に行きたい!」と思うのが常でしたが、
今は「ブルーベリーはどうしてるだろうか。畑に行きたい!」と思っている自分に気づきました。
2011年から夏は海にも行かず、毎日収穫をしに畑に出かけていたことが
いつのまにか体にしみついていました。
5月のブログに今年は何も被害にあわなければ。。と書いていましたが、
やはり自然の営みに逆らうことはできませんでした。
なかなか畑の整備に行けなかったことで、イノシシが畑に入っていました。
そして、大きく育っていたブルーベリーの木々が根元近くから折られていました。
「こんなに大きく成長したのに。。。」と心が痛みました。
熟したブルーベリーを狙っているのです。
でも、イノシシが悪いのではなく、私たちの管理が滞ったことが悪いのです。
昨年は、子育てを優先していたのですが、子どもも少し成長したので、
昨年よりは畑に行く回数も増えてきています。
気を取り直し、少しずつでもできることをやって行こうと思いました。
畑の開墾の時も毎日セイタカアワダチソウを一本一本抜きながら
全然進まないように思えていたけど、ブルーベリーを植えることができました。
そのことを思いだし、あきらめてはいけないと自分に言い聞かせています。
また、難を逃れた木々も残っているので、それらの木々を守りつつ収穫に励みたいと思います。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする